英検を中学生や高校生が受ける時には制服が良いのか?私服でも良いのか?を悩んでいる。

オンラインスクール 学習・スキルアップ

英検の中学生や高校生の服装おすすめは制服?私服?一次試験と二次試験・面接の違いとは?

投稿日:

英検の試験を受ける時、制服のある中学生や高校生だと、

「制服で行ったほうがいいの?」

「私服で行ってもいいの?」

と疑問に思いますよね。

今回は中学生や高校生が英検を受ける際の服装について回答します。

スポンサーリンク

英検の中学生や高校生の服装おすすめは制服?私服?

結論から言うと、服装は特に指定がないため気にする必要はありません。

公益財団法人 日本英語検定協会公式サイトの《よくあるご質問》ページにも

Q. 試験の服装について教えて下さい。

A. 特に指定はありません。

引用元:公益財団法人 日本英語検定協会公式サイトの《よくあるご質問》

と回答されています。

そもそも制服のない高校に通っている方や大人は、制服がないので迷わず私服で会場に来ます。

また、英検で使用する証明写真の服装が制服やスーツだとしても、写真に合わせた服装で行く必要もありません。

英字ロゴがプリントされた服は避けるべき

派手で奇抜な服装や、英検のヒントになるような英字のロゴがプリントされているような服装は避けたほうが無難です。

英字ロゴの服を注意されて対応を求められるようなことがあると、精神的に動揺してしまい実力が発揮できなくなるかもしれません。

私服のコーディネイトに悩むぐらいなら、キチンとしているという印象を与えやすい制服で行くのが良いですね。

もし、友達と一緒に行くのなら、前日までに打ち合わせをして服装を合わせれば、1人だけ浮いて試験に集中できないという最悪なシナリオは避けられます。

個人的には、制服があるのなら、英検の試験会場へは制服を着用していくのが最もデメリットがないと思います。

スポンサーリンク

一次試験と二次試験で着分けるのもあり

一次試験は筆記とリスニングだけなので、服にプリントされた英字ロゴに気をつければ、服装が試験の評価に影響することはありません。

しかし、英検3級から始まる個人面接の二次試験は、試験官が合否を判断するため、不快感を与えるような服装は避けるべきでしょう。

私服は個性が出て印象を左右してしまう可能性があるので、制服があるのなら簡単に好印象を与えられる制服が確実かもしれませんね。

 

団体受験の場合は制服が無難

中学生や高校生だからといって、必ずしも制服で行く必要はありません。

しかし、団体受験は準会場の学校で受ける場合が多いものです。

特に学校単位で団体受験に申し込んでいる場合は、会場が自分の通っている学校で普段の状況と変わらないので、制服で受けるのが一般的になります。

また、個人で受ける場合も、会場が準会場の学校の場合は制服を着てくる受験生が多いので制服が無難かもしれません。

とはいえ、試験会場が英会話学校や塾などの場合は、私服でも良いかなと思います。

 

アティチュードの点数配分3点を大切に!

英検3級から英検準1級には点数配分3点の「アティチュード」という項目があります。

このアティチュードは、

「積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度」

を面接官にチェックされます。

服装が直接的に評価の対象になるわけではありませんが、面接官の個人的な感じ方によって評価されるものです。

このアティチュードを減点されないためにも、自然に好印象を与えられるような服装が良いですね。

制服はキチンとした印象を演出しやすいので、持っている方は制服が安定的かもしれません。

 

SNSでのアンケート結果!みんなは制服派?私服派?

ここでツイッターなどのSNSで集計された英検の服装アンケートの結果を見てみましょう。

アンケート結果を見ると、制服派と私服派が半々という感じですね。

試験会場や団体受験・個人受験などによっても変わるのではないでしょうか。

 

上履きが必要な会場もある

英検の試験会場によっては、上履きが必要な会場もあります。

上履きが必要な会場なら忘れないようにするのはもちろん、土足を入れる袋を用意していくとスムーズに試験に臨めます。

試験を受ける会場が上履きが必要かどうかを再チェックしておきましょう。

スポンサーリンク

英検の試験会場の室温には注意が必要

日本英語検定協会の公式サイトで唯一服装のことに触れられているのが

試験教室の温度については全ての受験者のご要望に沿えないことがありますので、体温管理・調節のできる服装でお越しください。

引用元:公益財団法人 日本英語検定協会 実用英語技能検定 受験規約

という注意事項です。

「試験会場の室温が原因で試験に集中できなかった。。」ということがないように、体温管理がすぐにできる脱ぎ着しやすい上着を用意することが大切です。

 

英検S-CBTのスピーキングテストは私服で問題なし

英検S-CBTのスピーキングテストは、PC画面に流れる動画を見ながらヘッドセットで声を吹き込み録音するので、面接官とリアルタイムで会話しないため服装は一切見られません。

従来型の面接とは違い、YES/NOで回答する問題にも発声することなく、ボタンをクリックするだけだったり。

聞き取れなかった問題でも、聞き返す必要はなく《もう一度聞く》ボタンをクリックするだけなので、とても気楽になりました。

 

英検S-CBTの合格証明書には写真が掲載されるから注意!

英検の合格証明書には顔写真が掲載されないため、私服の写真でも問題ありません。

しかし、英検S-CBTの合格証明書には、顔写真が掲載されるので、就職のことを考えると制服またはスーツなどキチンとした服装の写真を登録することが大切です。

 

英検対策ができる最強のオンライン英会話『ネイティブキャンプ』

英検の一次試験は筆記なので、市販されているテキストなどで1人でも対策できます。

二次試験は面接なので、1人で対策するのは難しく、英検に対応しているオンライン英会話を探している方も多いかもしれません。

でも、英検の二次試験対策ができると謳っていても、本格的に対策できなかったり、高額のオンライン英会話が多く困っている方も少なくありません。

もし同じような悩みがあるのなら、月額6,480円で英検二次試験の練習がやり放題のオンライン英会話『ネイティブキャンプ』がおすすめです。

ネイティブキャンプがおすすめの理由はたくさんありますが、主に

  • 空き時間すぐにレッスン開始できる
  • レッスンは24時間・回数無制限
  • ファミリープランだとさらにお得!
  • 体験キャンペーンが充実している

空き時間すぐにレッスン開始できる

ネイティブキャンプは、24時間365日いつでも思い立った瞬間にボタン一つでレッスンを開始できます。

パソコンはもちろんスマホやタブレットで、短い空き時間でもすぐにレッスンが可能。

予約する必要がないし、時間と場所に縛られないので、無駄なくサービスを利用できます。

ネイティブキャンプのレッスンは24時間・回数無制限

一般的なオンライン英会話は、回数に制限が設けられている場合が多いので、回数を気にしながらレッスンを受けなければなりません。

ネイティブキャンプのレッスンは24時間365日・回数無制限でレッスンを受けられるので、集中的に英検の二次試験対策ができるのも嬉しいポイント。

高額なオンライン英会話であればレッスン回数無制限はありますが、月額6千円台でレッスン回数無制限なのはネイティブキャンプだけです。

もちろん日本人講師によるレッスンもあり、二次試験対策の模擬試験後のフィードバックも分かりやすく解説してくれます。

基本的には予約は必要ないのですが、日本人講師は人気があるので予約が必要な場合があります。

この予約には、別途100コイン(200円程度)かかるのが、ネイティブキャンプ唯一のデメリットかもしれません。

ファミリープランだとさらにお得!

ネイティブキャンプには、月額1,980円の「ファミリープラン」があります。

このファミリープランは、家族に1人プレミアムプラン(月額6,480円)の会員がいれば、その人の家族はファミリープランに申し込めます。

兄弟でオンライン英会話のレッスンを受けたいという場合には、かなりお得に利用できますね。

ネイティブキャンプはキャンペーンが充実している

ネイティブキャンプは、期間限定のキャンペーンが充実しています。

たとえば、

  • 7日間の無料体験キャンペーン
  • 初月95%OFFの月額324円キャンペーン
  • 1,000円分のコインプレゼント

 

などなど、その時によって体験しやすいキャンペーンが実施されているので気軽に試せます。

現在どんなキャンペーンが行われているかは、下記ボタン『ネイティブキャンプ』公式サイトで確認してみてください。

 

カズレーザーさんや長州小力さんの体験動画

メイプル超合金のカズレーザーさんや矢口真里さん・長州小力さんなどがネイティブキャンプを体験している動画があります。

とても分かりやすく参考になる動画なので一度チェックしてみてください。

「メイプル超合金」編

「長州小力」編

 

まとめ

今回は、中学生や高校生が英検の試験会場に行くときの服装についてご紹介しました。

日本英語検定協会の公式サイトの《よくあるご質問》ページにも「特に指定はありません。」と回答されているので、私服でも制服でも問題ありません。

しかし、二次試験は試験官との面接があり、英検3級から英検準1級には点数配分3点の「アティチュード」という項目があります。

このアティチュードは、「積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度」を面接官にチェックされます。

服装は直接的に減点対象になるわけではありませんが、面接官の印象を悪くするような服装は避けたほうが無難です。

また、一次試験でも学校単位で申し込んでいる団体受験の場合は、普段の学校生活の延長ともいえるので制服で受けるのが一般的になります。

試験会場が学校の場合は制服、英会話学校や塾などの場合は私服という感じに考えても良いかもしれません。

実際のところ、当日会場に行ってみないと、制服の人が多いのか、私服の人が多いのかはわかりません。

迷ったら、制服か私服か判断しづらいコーディネイトで行くのもありですね。

当たり障りのない清潔感のある服装を選べば、余計な感情に気を取られずリラックスして試験に望めます。

個人的には、制服があるのなら、余計な心配を抱く必要がない制服がベストだと思います。

おさらい

  • 英検は中学生や高校生でも服装の指定はない。
  • 英字ロゴがプリントされている私服は避けるべき。
  • 一次試験は筆記とリスニングだけだから服装を見られない。
  • 学校単位で申し込んでいる団体受験は制服で受けるのが一般的。
  • 英検3級から英検準1級にある点数配分3点の「アティチュード」には注意が必要。
  • 上履きが必要な会場か前日までに再チェックする。
  • 試験会場の室温に左右されないよう脱ぎ着しやすい上着を持参する。
  • 英検対策ができる最強のオンライン英会話は『ネイティブキャンプ』
  • 個人的には、制服があるのなら制服で受験するのがベスト。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-オンラインスクール, 学習・スキルアップ
-

Copyright© kaizen time , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.