超音波美顔器7つの危険な副作用と安全な対処法を徹底解説!

スキンケア 乾燥肌・敏感肌

超音波美顔器8つの危険な副作用と安全な対処法を徹底解説!

更新日:

超音波美顔器を使いたいけど「副作用はないのかな?」と心配になりますよね。

でも、自宅で使う家庭用の超音波美顔器は、しっかりと注意すべきポイントを理解した上で使用すればまったく怖くありません。

むしろ、美顔器を使用しない事によって、効率の悪いスキンケアしかできず、美肌になる時期やタイミングを逃してしまうほうが怖いかもしれません。

この記事では、これさえ分かれば怖くない!

超音波美顔器8つの危険な副作用

をご紹介します。

8年で3台の超音波美顔器を愛用して導き出した危険なポイントなので「超音波美顔器の副作用」が気になる人はぜひ参考にしてみてください。

超音波美顔器8つの危険な副作用!

超音波と聞くと、なにか怖い電磁波のように感じるかもしれません。

しかし超音波は、お腹の中にいる胎児の健康状態を判断する際に使用されていることからも、人体に副作用を与える可能性が極めて低い安全なものといえます。

とはいえ、副作用には個人差があったり、使用方法によっては肌に悪影響を及ぼす可能性もゼロではないので注意が必要です。

今回は、超音波美顔器の使用で起こりうる副作用を、大きく8つに分類してまとめたので購入前や買い替える際の参考にしてみてください。

大きく分類した、超音波美顔器8つの副作用は次の通りです。

  • 金属アレルギー
  • 使用頻度や使用方法の軽視
  • 化粧水や美容液が原因
  • 使用してはいけない部位
  • 歯が痛くなる
  • 妊娠中の使用は避ける
  • 皮膚に異常がある人
  • 基礎疾患や医療電子機器との併用

それでは早速、1つずつ順番に見ていきましょう。

超音波美顔器の副作用①『金属アレルギー』

超音波美顔器の副作用「金属アレルギー」を徹底解説!まず始めに超音波美顔器だけではなく、美顔器全般に言える副作用からご紹介します。

すべての美顔器を使用する際に、絶対に注意すべき大切なポイントなので、読み飛ばさず必ずチェックしてくださいね。

市販されている家庭用の美顔器のヘッド部分には大抵「金属」が使用されています。

当然このヘッド部分は肌に密着させて使用するので、ヘッドに使われている素材に対して「金属アレルギー」があると、肌荒れなど皮膚トラブルの原因になってしまいます。

金属アレルギーという自覚がない人でも、原因不明の肌荒れなどが発生する場合は「超音波機能」を疑う前に「金属アレルギー」を疑ってみてください。

チタンやステンレス・金でも金属アレルギーリスクはある

最近販売されている超音波美顔器は、金属アレルギーが起こりにくい

  • チタン
  • ステンレス

などが、ヘッドの素材として採用されています。

とはいえ、金属アレルギーには個人差があり、金属アレルギーを起こしにくい素材を採用しているだけで、誰でも金属アレルギーが起こらないというわけではないので注意が必要です。

また、購入後は肌トラブルが起こらなかったのに、しばらく使用していたら「急に肌が荒れた...」というケースも少なくありません。

これは、ヘッド部分に採用されている金属の「コーティング」が薄くなってきたり、剥がれたりすると発生する症状になります。

購入後のパッチテストではお金を無駄にしてしまうかも..

美顔器を使用する前に、腕の内側など目立たない部分でパッチテストをするという方法もありますが、使用した後の返品リスクなどを考えるとあまり現実的ではありません。

少しでも「金属アレルギー」の不安がある人は、初めから「絶対に金属アレルギーが起こらない美顔器」を購入するのが確実です。

シリコン製ヘッドの美顔器は金属アレルギーとは無縁

「金属アレルギーだけど、超音波美顔器を使いたい!」という人には、シリコン製の超音波美顔器があります。

ヘッド部分に「シリコン製」の素材を採用している美顔器は、金属部分が肌に一切触れないので「金属アレルギー」の心配がありません。

でも、シリコン製ヘッドを採用している超音波美顔器は1機種しか市販されていません。

「シリコン製ヘッド」採用の超音波美顔器は、唯一

>>『プルミナス』<<

だけです。

美顔器を使った後に、肌荒れなどの「皮膚トラブル」を招いた経験がある人は「金属アレルギー」の可能性が高いので、「プルミナス」を使えば一切心配せずにスキンケアに集中できます。

 

超音波美顔器の副作用②『使用頻度や使用方法の軽視』

肌の改善を急ぐあまり、取扱説明書に記載されている使用方法や使用頻度を守らないと、思いもよらない副作用を引き起こす可能性があります。

副作用は自分自身で作り出している説

たとえば説明書に、週3回以上の使用の禁止が記載されているのに毎日のように使ったり..。

「効果が高まるのでは?」と、肌にヘッドを強く押し付けたり..。

肌に摩擦を過剰に与えたり...。

などなど、自分自身で美顔器の副作用を作り出しているパターンが意外にも多いのです。

副作用どころか命の危険さえも!

浴槽で美顔器を使用すると副作用どころか感電の危険性がある。

使用頻度を守らないと、肌のバリア機能を低下させてしまう副作用があるので、美肌になるはずが肌荒れの原因にもなりかねません。

また防水機能がない美顔器を入浴中に使用する事にいたっては、副作用どころか感電の危険さえあります。

超音波美顔器は使用方法を守って愛用すれば、とても有効な美肌アイテムです。

しっかりと美顔器の効果を得るためにも、取扱説明書に記載されている注意事項は守って使用することが大切です。

 

超音波美顔器の副作用③『化粧水や美容液が原因』

超音波美顔器の副作用の中には、美顔器そのものの副作用ではなく、用いる化粧水や美容液などが原因で起きる副作用があります。

超音波美顔器を使用する際には、必ず化粧水や美容液などが必要になりますが、その役割を果たしてくれないものを利用すると、副作用の原因になるので注意してください。

副作用の原因になるジェルとは?

たとえば、

  • ジェルを使用せずに美顔器を使った..
  • ジェルの量が適切ではない..
  • とろみがない化粧水を使用している..
  • 添加物配合のジェルを使っている..
  • 古くて品質の落ちているジェルを使用した..

などなど、超音波美顔器の効果を台無しにしてしまうようなジェルの使用は避けなくてはいけません。

その美顔器のために開発された専用ジェルがベスト!

できれば、その美顔器のために開発された、専用のジェルを使用するのがベストですが誰にでも合うわけではありません。

なのでご自身の肌に合っている、お気に入りのジェルを使用するのが一番良いでしょう。

美顔器を使用する際に用いるジェルを選ぶポイントは、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • 化粧下地

の役割を持ったとろみのあるジェルです。

どんな超音波美顔器とジェルを選べば良いのか分からないという方は、

▶エステナードソニックROSE公式サイト

で美顔器とジェルのセットを参考にしてみてください。

超音波美顔器と相性の良いジェルの特徴

ちなみに超音波美顔器と相性が良いジェルの特徴は、

  • 肌に留まりやすい”とろみ”のあるもの
  • 添加物が配合されていない無香料・無着色・無パラベンのもの

を選ぶのがポイントです。

超音波美顔器の副作用を起こさない秘訣

なお無添加のスキンケア化粧品は、開封後に品質が落ちやすいので、できるだけ早く使い切ることが大切です。(3ヶ月以内を目安)

またヘッドの滑りが悪い状態で美顔器を使用していると、摩擦が起きて肌に負担をかけてしまいます。

美顔器を使用する際には、常に潤った状態をキープすることも副作用を起こさないようにする秘訣です。

 

超音波美顔器の副作用④『使用してはいけない部位』

超音波美顔器を使用してはいけない部位としてまぶたがあります。

超音波美顔器には、使用してはいけない部位があります。

その主な部位は、

  • 眼球(上まぶた)
  • 喉仏(のどぼとけ)
  • 粘膜
  • 傷口

など。

また整形直後の部位や、体内に金属やプラスチック・シリコンを埋め込んでいる部位にも使用することはできません。

もし瞼(まぶた)や首のたるみが気になるなら、美顔器ではなく専用のケア商品を利用することが大切です。

ダランとしたまぶたをケアするなら

▶【リキッドキララ】

首のシワが気になるなら

▶【ネックエステミスト】

を参考にしてみてください。

 

超音波美顔器の副作用⑤『歯が痛くなる』

美顔器を使うと歯が痛くなるという人が意外に多いものです。

超音波美顔器は、1秒間に数万回も超微細な振動を部位に与えるため、その振動が歯の神経まで届き痛みを感じることがあります。

歯の痛みは、超音波機能だけではなくEMS機能などでも起こる可能性がある美顔器の副作用なので、詳細は

『美顔器で歯が痛い?なぜEMSと超音波は虫歯や銀歯に響くのか?』

で確認してください。

 

超音波美顔器の副作用⑥『妊娠中の使用は避ける』

妊娠中は肌がデリケートな状態にあるので美顔器の使用は控えたほうがいいでしょう。

妊娠中は、超音波美顔器の使用は控えるようにしましょう。

妊娠中はホルモンバランスが不安定になりやすく、肌がデリケートな状態です。

母体や胎児に影響を及ぼすことは報告されていませんが、肌トラブルを引き起こしやすい時期なので、超音波美顔器の使用は控えるのが賢明です。

またホルモンバランスが不安定な生理中も同様に、超音波美顔器の使用を控えるほうが良いでしょう。

 

超音波美顔器の副作用⑦『皮膚に異常がある人』

美顔器を使うと歯が痛くなるという人が意外に多いものです。

皮膚に異常を感じている人やアトピー性皮膚炎など、肌が敏感な状態にある人は超音波美顔器の使用はおすすめできません。

また日焼けで肌がヒリヒリしている状態の人も使用を控えましょう。

もちろん、ニキビが化膿して炎症を起こしている人なども同様に、超音波美顔器を使わないようにしましょう。

 

超音波美顔器の副作用⑧『基礎疾患や医療電子機器との併用』

基礎疾患や医療電子機器を使用している方は美顔器の使用は控えましょう。

超音波美顔器を使用する際には、腕時計やジュエリーなどの貴金属類を外すことが大切です。

また、体内埋込型・装着型を問わず、ペースメーカーなどの医療電子機器などと併用すると誤作動の危険があります。

その他、基礎疾患がある方は、必ず医師に相談してから超音波美顔器を使用するようにしましょう。

 

超音波美顔器の正しい選び方

残念ながら、日本で市販されている美顔器の中には、効果をまったく感じることができない、低品質な美顔器がたくさん売られています。

しかも誰もが知っている、大手ショッピングサイトで売っている美顔器でも例外ではありません。

なので美顔器を選ぶ際には、人気上位の機種を購入することが大切です。

またアフターケアのことを考えると、有名なメーカーが販売している美顔器を選択することもポイントになります。

人気上位機種は、

『おすすめ!人気の超音波美顔器6選!後悔しない高評価機種とは?』

をチェックすれば、購入時の参考になると思います。

 

まとめ

最後にもう一度、超音波美顔器の副作用をおさらいすると、

  1. 金属アレルギー
  2. 使用頻度や使用方法の軽視
  3. 化粧水や美容液が原因
  4. 使用してはいけない部位
  5. 歯が痛くなる
  6. 妊娠中の使用は避ける
  7. 皮膚に異常がある人
  8. 基礎疾患や医療電子機器との併用

とはいえ、超音波美顔器は、副作用が起こる原因に注意して使用すれば、美肌を目指す私達の強い味方になってくれる有効なアイテムです。

もちろん、注意事項を守って使用すれば、安心・安全に使用できるので、過度に不安を抱く必要はありません。

上手に超音波美顔器を利用して、目標としている理想的な肌を目指してくださいね♪

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-スキンケア, 乾燥肌・敏感肌
-

Copyright© kaizen time , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.