白髪が伸びてくると生え際が目立って気になりますよね。。そんな時にはこの便利なアイテムを使用すれば簡単に解消することができます。そのアイテムとは?

ヘアケア 白髪・ヘアカラー 薄毛・抜け毛

白髪の生え際どうしてる?一番良い簡単な方法教えます!

更新日:

美容院でキレイに白髪を染めても、自宅で苦労して染めても、2週間もすると髪が伸びたり、色が落ちてくるため、再び白髪が目立ってしまいますよね。

でも、自宅でこまめに白髪染めするのは面倒だし、美容院に2週間に1回のペースで通うのは、足を運ぶ時間や費用面を考えると現実的ではありません。

そこで今回は、手軽にできる生え際の白髪対策を4つご紹介します。

どれも手軽に白髪を隠せる簡単な方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

白髪の生え際どうしてる?一番良い簡単な方法教えます!

手軽に白髪を隠せる方法は、主に次の4つになります。

  1. 白髪隠しウィッグを利用する
  2. ピンポイントで白髪を染める
  3. 白髪が染まるヘアカラートリートメントを利用する
  4. 帽子やヘアバンドで白髪を隠す

それぞれメリットもあれば、デメリットもあるので、1つずつ解説していきます。

白髪隠し用のヘアウィッグを利用する

白髪隠し用のヘアウィッグを利用する

もっとも簡単で確実な方法が、白髪をワンタッチで隠せるヘアウィッグを利用する方法です。

ヘアウィッグは、オーダーメイドで作ってもらう高価なものという印象で、市販されているヘアウィッグは品質が悪いというイメージがあるかもしれません。

でも、最近市販されているヘアウィッグは、100%人毛を使用したものも多く、品質がとても高くなっています。

中には、つむじや分け目から見える頭皮部分が、本物と見分けがつかないヘアウィッグもあります。

【参考】:本物の頭皮と見分けがつかないリアルなヘアウィッグ《楽天市場》

また、ヘアウィッグは、白髪を隠せるだけではなく、薄毛も同時にカバーできるので、若見え効果も抜群です。

とはいえ、ヘアウィッグは、頭頂部に乗せて使うため「見た目でバレるのでは?」と不安になるかもしれません。

しかし、ブラッシングして馴染ませると、自毛とウィッグの境目がほとんど分からなくなるので、この点でも安心です。

気になる値段も、想像より安いと感じる方が多いので、下記のボタンからリアルタイムで確認してみてください。

 

ピンポイントで白髪を染める

次にご紹介する方法は、生え際や根本に白髪が目立ってきたら、そのポイントだけ部分的に色を付けて隠す方法です。

徐々に染まっていく商品もありますが、基本的に洗髪すると落ちてしまうため、その都度塗って隠す必要があります。

最近は様々なタイプがあり、主に

  • マスカラタイプ
  • スティックタイプ
  • ファンデーションタイプ
  • パウダータイプ

があります。

マスカラタイプ

マスカラタイプは、その名の通り「まつ毛」にマスカラを塗るように白髪を目立たなくするアイテムです。

お出かけ前に、気になる生え際や「こめかみ」あたりの白髪を隠すなら便利ですが、分け目など根本の白髪を隠すのはなかなか大変です。

スティックタイプ

スティックタイプは、口紅やリップクリームに似た形状のものと、先端が筆になっている形状のものがある白髪隠しアイテムです。

唇に口紅を塗るように、白髪をピンポイントで隠せますが、マスカラタイプ同様、風が強い日など分け目が変わりそうな日には向いていません。

ファンデーションタイプ

ファンデーションタイプは、ピンポイントはもちろん、比較的広範囲の白髪を隠せる便利なアイテムです。

また、頭皮に薄く塗れば、薄毛も目立たなくできます。

マスカラタイプやスティックタイプ同様、化粧ポーチに入るサイズなので、出先でいつでも白髪を隠せるのも嬉しいポイント。

洗髪すると、流れ落ちてしまうため、お出かけ前に毎回塗らなければならない手間はかかります。

パウダータイプ

パウダータイプは、白髪や薄毛を広範囲でカバーできますが、粉状なので汗をかいたり、雨に濡れたりすると不安があります。

最近は、汗水に強いものもありますが、黒い汗が頭皮から流れ出る可能性を考えると心配になりますね。

 

白髪が染まるヘアカラートリートメントを利用する

白髪隠しはヘアカラートリートメントが便利

白髪用のヘアカラートリートメントは、最初の1週間は3~5回、その後は週に1~2回ほど、トリートメント感覚で白髪を染められます。

以前は、頭皮にダメージを与え、髪がギシギシとパサつく印象がありましたが、今はダメージにならないどころか、良い影響を与えながら白髪を解消できる商品が開発されています。

「白髪が目立ってきたら染める」というやり方だと、一気に髪色が変わるため、違和感を与えてしまいますが、いきなり髪色が変わることがないカラートリートメントはこの点でも安心です。

頭皮トラブルを経験すると、薬剤が配合されているような白髪染めは怖いので、優しく染められるカラートリートメントは嬉しいですね。

とはいえ、ムラなくカラートリートメントを塗り、10~20分ほど置いた後に洗い流す行程は、面倒に感じる方も多いです。

また、手やおでこ、浴室の壁や床などが黒く汚れてしまう心配もあります。

すぐに石鹸で洗い流せばキレイになりますが、少し時間を置いてしまうと落ちにくくなってしまうため、簡単な洗浄作業は必要になります。

白髪を染めながらスカルプケアもできるマイナチュレのカラートリートメントは、頭皮と髪のエイジングケアを同時に叶えてくれるため、時間と費用面に優れたアイテムなので人気があります。

 

帽子やヘアバンドで白髪を隠す

白髪を隠すということだけを考えると、帽子やヘアバンドで、白髪を見えないようにできますよね。

最近は、白髪を隠すための帽子やヘアバンドもあり、オシャレなものも多いので、帽子やヘアバンドをしていても問題がない生活を送っている方は、手軽で良いかもしれません。

 

【結論】生え際の白髪を隠す一番良い方法はヘアウィッグを利用する方法

白髪が伸びて目立ってくると老けてきた自分に落胆してしまうこともあるかもしれません。

ここまで、自宅で生え際の白髪を隠す方法をご紹介してきましたが、一番「簡単」「確実」に白髪を隠せて、費用面にも優れているのは「白髪隠し用のヘアウィッグ」を利用する方法です。

ヘアウィッグであれば、生え際はもちろん、分け目などの白髪がかなり伸びてきても、スッポリと簡単に覆い隠すことができます。

白髪が伸びすぎて、他人に絶対見られてはいけないレベルになっても隠せるため、鏡で見るヘアウィッグを外した姿に落胆するデメリットはあるかもしれません。

とはいえ、生え際の白髪を簡単に隠せるヘアウィッグは、費用対効果抜群な白髪隠しアイテムと言えるでしょう。

白髪染めやカラートリートメントの頻度を大幅に減らせるので、ヘアウィッグを1つでも持っておくのがベストですね。

 

まとめ

生え際の白髪を自宅で隠す方法は、

  1. 白髪隠しウィッグを利用する
  2. ピンポイントで白髪を染める
  3. 白髪が染まるヘアカラートリートメントを利用する
  4. 帽子やヘアバンドで白髪を隠す

など様々ありますが、それぞれメリットもあれば、デメリットもあるので、ライフスタイルに合わせてお好みで選択するのが良いと思います。

とはいえ、頻度は少なくできても、白髪染めやカラートリートメントをする必要はあるので、生え際や分け目の白髪を簡単に隠せるヘアウィッグは必需品といえます。

ヘアウィッグ1つあれば、時間と費用を大幅に削減できるので、上手に利用していつまでも若々しさを保ってくださいね。

花粉症に悩んでいませんか?薬を飲めば症状を緩和させることができますが副作用が怖くて服用できないんですよね。
花粉症対策サプリメント口コミ効果おすすめ人気ランキング!評判が良いのはこれ

花粉症の症状を緩和できる薬には、様々な副作用があるため、 子供 高齢者 妊娠中 授乳中 運転する人 などは、万が一のことを考えると服用しないほうが良いので、健康的に花粉症対策ができるサプリメントが大変 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ヘアケア, 白髪・ヘアカラー, 薄毛・抜け毛
-, ,

Copyright© kaizen time , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.