目立つシミができたらしょうがないと諦めていませんか?そのシミきれいに消えるかもしれませんよ?

シミ・そばかす スキンケア

シミが濃くなったり薄くなったりする原因と対処法とは?そのシミ解消できるかも!

更新日:

気になっていたシミが、薄くなって喜んでいたのに、気がつくと再度シミが濃くなっているなんてことありませんか?

これは、けっして気のせいではなく、様々な原因によって引き起こされているものです。

そこで今回は、シミが濃くなったり薄くなったりする理由と原因、そして効果的な対処法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シミが濃くなったり薄くなったりする原因とは?

シミが濃くなったり薄くなったりする原因は様々ですが、もっとも考えられるのが肌のターンオーバーの影響です。

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝や生まれ変わりのことで、体のパーツや年齢によって異なりますが、28日~55日ほどのサイクルで行われます。

このサイクルは、加齢によって新陳代謝が低下していくと時間がかかるようになり、

  • 30代では40日程度
  • 40代では45日程度

かかるといわれています。

子供の頃はすぐにすり傷が治ったのに、年齢を重ねていくと傷が治りにくくなったと感じるのは、このターンオーバーの周期が原因なんですね。

 

シミが濃くなったり薄くなったりするメカニズム

シミはターンオーバーによって濃くなったり薄くなったりします。

シミは、メラニン色素が肌の内部に何重にも重なっていることが多く、ターンオーバーごとに肌の表面のメラニン色素が排出されます。

この際、一時的にシミが薄くなるときがありますが、下にあったメラニン色素がすぐに表面に現れてくるので再度シミが濃くなってしまいます。

しかし、これはけっして悪い現象ではなく、シミが解消へ向かう際の正常な働きとも言えるのです。

すなわち、この肌のターンオーバーを繰り返し、蓄積されたメラニン色素の排出がすべて完了すると、シミがキレイに消えるということです。

とはいえ、メラニン色素の生成を促してしまうような生活習慣を送っていては、いくら正常なターンオーバーを繰り返してもシミが消えることはありません。

ようするに、メラニン色素の生成を促進してしまうようなNG習慣を徹底的に生活から排除することが大切なんですね。

では、できてしまったシミや、これから肌の表面に出てくるシミにはどのような対処をしたら良いのでしょうか?

 

美白化粧品でシミを解消しようとしていませんか?

シミ対策といえば、美白化粧品が思い浮かびますよね。

しかし、残念ながら、次から次へと浮き出てくるシミは美白化粧品だけでは対処しきれません。

それは、肌の表面に出てきているシミを薄くしても、後から後から新しいシミが浮き出てきてしまうからです。

つまり、肌の内部にある”これから肌の表面に出てくるシミ”を減らすことがとても重要ということです。

しかし、肌の内側にあるシミを減らすことなんてできるのでしょうか?

そこで次の章では、この肌の内側にある”これから肌の表面に出てくるシミ”を減らす方法をご紹介したいと思います。

 

できてしまったシミやそばかすを薄くする方法とは?

じつは、シミを薄くする方法があるのをご存じですか?その方法を無料でご紹介しているので見逃さないようにしてくださいね。

メラニン色素の過剰生成を防ぐために、ほとんどの方が何かしらの紫外線対策をしていると思います。

しかし、洗濯物を干しているような短い時間でも、紫外線は容赦なく私たちに降り注ぎ、肌の内部でメラニン色素の生成が始まってしまいます。

すなわち、紫外線を完全に防ぐということは、無理に等しいほど困難なのです。

でも、ここで諦めてしまっては、シミやそばかすだらけの顔になってしまうのでなんとかしたいですよね。。

そんな私たちの救世主となってくれるのが、シミが肌の表面に出てくる前に薄くするアプローチができる医薬品です。

この医薬品は、肌の奥にある隠れジミを徹底的にケアできるので、シミが濃くなったり薄くなったりしていると感じている人にはとてもピッタリな対処法といえます。

また、この医薬品はサプリメントとは違い、効果効能が認められているので期待値がまったくと言っていいほど違います。

ですので、シミが濃くなったり薄くなったりを繰り返している状況から、薄くなるいっぽうへの変化が期待できるんですね。

シミ改善の期待が持てずに諦めていると、鏡を見るたびにため息が出てしまうものです。

でも、ターンオーバーごとに、薄くなっていくシミを楽しめると、とても前向きな気持ちになれるのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

飲むだけでシミが薄くなる医薬品の詳細は、下記公式サイトで確認してみて下さい。

>>飲むだけでシミが改善する医薬品の公式サイト<<

 

メラニン色素の生成を促進するNG行動とは?

ここで、シミの原因となるメラニン色素の生成を促してしまうNG習慣をご紹介します。

一般的に、スキンケアばかりに気を取られがちなのですが。。

シミの解消は、メラニン色素の生成をいかに少なくするかがもっとも大切なことなのです。

ようするに、シミの解消を妨げるNG行動を減らしていけば、理想的な美しい肌を効率良く目指すことができるということですね。

それでは早速、代表的なNG習慣を見ていきましょう。

  • 紫外線の浴びすぎ
  • 肌への外的刺激
  • ストレスの蓄積

 

紫外線の浴びすぎ

紫外線は3つの波長に分類され、そのうち2つの波長が地上に到達して人間の肌に降り注いできます。

メラニン色素の生成を促進してしまう原因で、もっとも有名なのが紫外線ですね。

紫外線には、波長があって

  • UVC
  • UVB
  • UVA

にわかれます。

このうち、UVCは地表には到達しないのでメラニン色素の過剰生成とは無関係なのですが、UVBとUVAは地表まで到達するのでシミが増える原因に深く関係してきます。

この地表まで到達する「UVB」と「UVA」を簡単に説明すると。

UVBは肌への作用が強く、短時間で日焼けによる炎症を引き起こします。

日焼けによって肌が赤くなったり、時間の経過とともに肌が黒くなるのはこのUVBの作用です。

また、UVAは短時間で肌に刺激を与える作用は弱いのですが、じわじわと肌に影響を与えてダメージが蓄積していきます。

しかも、すでに生成されているメラニン色素を酸化させてしまうため、肌が黒くなるといった悪影響までもたらしてしまうのです。

ところで、紫外線は夏は強く、冬は弱いというイメージですよね?

もちろん、そのイメージに間違いはないのですが、安心してはいけません。

ここからが重要なのですが、肌への作用が強いUVBは、冬になると夏の1/5程度まで減少します。

しかしUVAは、冬になっても夏の1/2程度の量が降り注いでいるので、まったく油断できるレベルではないのです。

ようするに、真冬であっても紫外線対策を怠ってしまうと、メラニン色素の過剰生成に繋がってしまうということです。

さらにUVAは、朝や夕方の日差しが弱い時間帯でも、その量に大差がありません。

しかも、雲に日差しが遮断されている際でも、そのほとんどが透過してくるので十分な注意が必要です。

すなわち、冬や曇りの日でも、しっかりと紫外線対策を行わなければ、シミの原因であるメラニン色素の生成を促してしまうということに。。

つまり、季節によって紫外線対策の強弱はあるとしても、UVAをしっかりと意識した対策をとることが大切なんですね。

スポンサーリンク

肌への外的刺激

肌への外的刺激で、もっとも注意しなければならないのが、摩擦による外的刺激です。

顔の毛穴の黒ずみや角栓をしっかりと落としたいからと、顔を手のひらで擦っていませんか?

このような、軽い刺激でもメラノサイトが活性化されてしまい、メラニン色素を増やしてしまうのです。

また、

  • デコルテ
  • 背中
  • 手の甲

なども刺激を与えないようにすることが大切です。

ですので、体を洗うナイロン製のタオルも、なるべく柔らかいものを選び、極力優しいチカラで洗うことが大切になります。

 

ストレスの蓄積

ここでいうストレスは、精神的なストレスを指します。

意外かもしれませんが、このストレスでもシミが濃くなったり増えたりする原因になってしまうのです。

なぜならば、人はストレスを感じると、体内でメラニンの生成を促進してしまうホルモンが増加してしまうからです。

なので、シミやそばかすが多いという人は、ストレスを感じやすくて上手に解消できていないことが原因かもしれません。

とはいえ、現代のようなストレス社会でストレスを感じずに過ごすことは無理なので。。

上手にストレスを発散する方法を見つけて、溜め込まないようにすることが大切ですね。

スポンサーリンク
日焼け対策バージョン

まとめ

一時的にシミが薄くなっても、その下には幾重にもメラニン色素が重なって待機している状態と考えると分かりやすいですね。

これは隠れジミとも呼ばれていますが、この隠れジミを「作らない対策」「減らす対策」をすれば、肌のターンオーバーを繰り返すことによってシミは解消することができます。

ようするに、肌の表面に見えているシミをケアすることも大切ですが、もっと大切なのは肌の内部にある隠れジミをケアすることなんですね。

ですので、すでにシミに悩まされている人はもちろん、今はまだシミが少ないという人にも、肌奥の隠れジミにアプローチできる医薬品はありがたい存在ということです。

医薬品はサプリメントとは違い、効果効能が認められているので、信頼して愛飲できるという点も嬉しいポイントですね。

 

 

↓こんな記事も見られてます↓

↑↑こちらをタップ↑↑
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-シミ・そばかす, スキンケア
-

Copyright© kaizen time , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.