レチノールのスキンケア効果は高いことでも知られていますが、その副作用の怖さはあまり知られていません。

しわ・小じわ シミ・そばかす スキンケア

レチノールアイクリーム化粧品の効果と副作用とは?おすすめ人気アイテムはこれ!

更新日:

肌のターンオーバーを促進して「シミ」や「シワ」など多くのエイジングサインに効果があるレチノールですが、メリットと同じぐらいデメリットがある成分としても知られているので、効果が高くても愛用するか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、レチノール配合化粧品の効果と副作用を紹介します。

また、最近は肌に優しい「パルミチン酸レチノール」を配合した

▶『HADA PIN』

▶『アイキララⅡ』

など、目元専用の美容液が人気なので併せて見ていきましょう。

それではまず、レチノール配合化粧品の効果について確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

レチノールを配合したアイクリームの効果とは?

レチノールを配合して作られているアイクリームの効果は、大きく分けると次の4つです。

  • ターンオーバーの促進効果
  • ピーリング効果
  • コラーゲン産生サポート
  • 皮脂分泌の抑制

ターンオーバーの促進効果

レチノールは「ターンオーバー(肌の新陳代謝)」を促進する効果があるので、多くの肌トラブルにアプローチできるため、

  • 加齢
  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足

などが原因で「ターンオーバー機能が低下している人」や「ターンオーバーが遅くなっている人」は上手に利用したい成分です。

しかし「ターンオーバーが早すぎて起こる肌トラブル」と「ターンオーバーが遅いことで起こる肌トラブル」の見分け方が難しいので注意が必要です。

ターンオーバーが早すぎて起こる肌トラブル

  • インナードライ肌
  • 大人ニキビ
  • 皮脂の過剰分泌
  • 毛穴の黒ずみ
  • 肌荒れ

ターンオーバーが遅いことで起こる肌トラブル

  • メイクのノリが悪い
  • くすみ
  • 肌のガサつき
  • ニキビ
  • 肌荒れ

このように、ターンオーバーが早くて肌トラブルが起きているのか?

それとも、ターンオーバーが遅くて肌トラブルが起きているのか?を見分けるのはとても難しいものです。

もし、ターンオーバーが早くて肌トラブルを起こしている場合に、レチノール配合の化粧品を使用してしまうと、さらに症状を悪化させてしまうかもしれません。

つまり、「乾燥肌」や「敏感肌」の人が、自己判断でレチノール配合の化粧品を使用するのはリスクが高いスキンケアと言わざるをえません。

 

ピーリング効果

レチノールを配合したアイクリームには、ピーリング効果があります。

このピーリングは、蓄積している古い角質をはがし、美しい肌を保つのに効果的なスキンケアになります。

皮脂が毛穴に詰まることでできる「角栓」の除去にも一役買ってくれるので、毛穴の黒ずみケアとしても効果を発揮します。

 

コラーゲン産生

レチノールは、繊維芽細胞に働きかけることで「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」の産生を促進すると言われています。

「シワ」や「たるみ」を改善して若々しい肌を維持したいという人には、とても嬉しい成分ということなんですね。

 

皮脂分泌の抑制効果

レチノールは、皮脂の過剰分泌を抑えて「皮脂腺」の活動バランスを整える効果があります。

この皮脂の過剰分泌を抑制できると毛穴が引き締まるので、毛穴が目立たなくなるといったことも期待できます。

また、皮脂の過剰分泌はニキビの原因にもなるので、皮脂量を抑えられればニキビ発生の抑止にも繋がります。

このように、レチノール配合の化粧品はとても多くのスキンケア効果を期待できます。

しかし、レチノールはメリットばかりではなくデメリットも多い成分なので、次の章で紹介する特徴をよく把握してから使用することをおすすめします。

 

レチノール配合アイクリームの副作用とは?

レチノールの副作用をしっかりと把握すれば、効果的なエイジングケアが可能になります。

レチノールは、美容効果がとても高い成分ですが、強い副作用があることでも知られています。

美肌を目指して使用したレチノールが原因で、ヒドい肌荒れを起こすと大変なので、しっかりと副作用を知ってから「レチノール配合化粧品」を使用するようにしましょう。

レチノール配合化粧品の代表的な副作用は次の通りです。

  • 肌の乾燥
  • カサつき
  • かゆみ
  • 肌の赤み

レチノールの副作用は「レチノイド反応」とも呼ばれ、症状が重くなり医療機関に駆け込む人も少なくないので注意が必要です。

とはいえ、日本で市販されているレチノール配合化粧品の多くは配合濃度が低いので比較的にリスクは低いともいえます。

しかし「乾燥肌」や「敏感肌」の人は、レチノールの配合濃度が低くても副作用の症状が発生することもあるので注意は必要です。

使用したい場合には、体の目立たない部分でパッチテストをしてから顔に使用すると良いでしょう。

ここまで、レチノールの効果と副作用を紹介してきましたが、レチノールの効果はそのままにリスクを低くした「パルミチン酸レチノール」配合のアイクリームがあるので紹介しておきます。

 

レチノールと同様の働きがある成分「パルミチン酸レチノール」配合のアイクリーム

レチノールと同様の働きがある成分は「パルミチン酸レチノール」といって、レチノールのリスクが低いことで話題になっている成分です。

「レチノールでスキンケアをしたいけど、副作用が怖い。。」

という人は、この「パルミチン酸レチノール」配合のアイクリームを試したいですね。

「パルミチン酸レチノール」の基本情報や安全性については、

▶化粧品成分オンライン「パルミチン酸レチノール」の総合レポート

を見ると納得できると思います。

「パルミチン酸レチノール」を配合しているアイクリームで人気なのは、

▶『アイキララⅡ』

といって、累計販売数300万個を突破しているほどです。

この「アイキララⅡ」は、初めて使ってみる人のために「全額返金保証」が付いているので実質無料で効果を体感できるのも嬉しいポイント。

「もっと効果をアップさせたい!」という人は、目元用温熱美顔器と「パルミチン酸レチノール」配合のアイクリームのセットもあります。

▶『目元集中リンクルケアセット』公式サイトへ

この目元用温熱美顔器「OPUS BEAUTY 04」が優秀で、

  • 温熱
  • イオン導入
  • 冷却

が、いつでもどこでも施せる携帯可能な美顔器なんです。

化粧水や美容液を手で塗布するだけだと、そのほとんどは肌の表面に留まってそのまま蒸発してしまうので、しっかり肌の奥まで届けてくれる美顔器は必須アイテムですね。

男性は、

  • 肌質
  • 水分量
  • 皮脂量

が女性とは違うため、一般的なケア化粧品だと肌奥まで届きにくく当然効果も半減してしまいます。

アイクリームも例外ではないので、男性は男性専用のアイクリームを使うことが大切です。

 

男性のために開発された男性専用のアイクリーム

男性のために開発された男性専用のアイクリーム

男性は、女性に比べて「水分量」や「皮脂量」が違ったり、肌が硬くて厚いので有効成分が肌奥まで届きにくいため男性専用に開発されたアイクリームを使用することが大切になります。

男性のために開発されたアイクリームで有名なのは、

▶『メンズアイキララ』

ですね。

この「メンズアイキララ」も、「アイキララⅡ」と同じように、初めて使う人のために「全額返金保証」が付いているので実質無料で効果を体感できます。

送料などはかかりますが、商品代金(税込)は全額返金してくれるので気軽に試せますね。

目の下が垂れ下がっていくと、どんどん老人顔に近づいてしまうので1日でも早くケアすることが大切です。

 

まとめ

レチノールは効果が高いと評判の成分ですが、リスクが大きいため試すことをためらう人も多いようです。

しかし、レチノールと同様の働きがある成分「パルミチン酸レチノール」を代用することでリスクを気にせずに効果的なスキンケアが可能になりました。

美肌になりたくても、綱渡りのようなスキンケアは本末転倒な結果をもたらす危険があるので、安全な方法で理想的な肌を目指していきましょう♪

最後に、今回紹介した人気アイテムの価格を比較できるボタンをまとめたので最安値で試してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-しわ・小じわ, シミ・そばかす, スキンケア
-,

Copyright© kaizen time , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.