RF美顔器でシミをケアしようとしてもなかなか改善できません。

しわ・小じわ たるみ・ほうれい線 スキンケア

RF(ラジオ波)美顔器はシミには効かないって本当?シミの消し方教えます!

更新日:

RF(ラジオ波)美顔器で、できてしまったシミを消そうとしていませんか?

じつは、RF美顔器でシミを消そうと考えるのは効率的ではありません。

そこで今回は、もっとダイレクトに、気になるシミにアプローチできる方法があるのでご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、羨ましがられるような美肌を目指して下さいね。

スポンサーリンク

RF(ラジオ波)美顔器よりも効果的にシミを消す方法とは?

家庭用の美顔器にもよく搭載されているRF(ラジオ波)機能は、お肌に使用することで体の奥から体温を上昇させることができます。

体温が上昇すると、リンパや血液の流れが良くなるため代謝がアップします。

代謝が良くなってくると、お肌のターンオーバーの正常化に繋がり、シミの原因であるメラニン色素の排出を促進できるというわけです。

ようするに、RF(ラジオ波)はシミを直接的にケアできるわけではなく、あくまでも間接的な相乗効果を得られるだけなのです。

なので、「集中的にシミを消したい!」と考えている方には、かなり物足りないスキンケアといえるでしょう。

では、どうすればピンポイントでシミにアプローチできるのか?

そこで、気になるシミに対して直接的にアプローチする方法をご紹介したいと思います。

 

シミを効果的に集中ケアする方法とは?

このシミ撃退法を実践すれば今までと全く違う結果を期待できます。

じつは、RF(ラジオ波)のように間接的ではなく、シミにダイレクトにアプローチできるスキンケア法があります。

そのシミ撃退法は、エレクトロポレーション機能の付いた家庭用美顔器を利用したスキンケアです。

このエレクトロポレーション機能は、特殊な電気刺激で皮膚の細胞に一時的に”すき間”を作ることができます。

皮膚細胞に”すき間”ができるなんて怖い気もしますが、あくまでも一時的なので肌に悪影響を与えることはありません。

その一時的に作った”すき間”から、美容液などの有効成分を肌の奥までダイレクトに届けることができるのです。

ようするに、このエレクトロポレーションで作った一時的な”すき間”に、美白効果が高いトラネキサム酸配合の美容液などを使用すれば、今までとまったく違う結果が期待できるというわけです。

【楽天市場】でトラネキサム酸配合美容液の商品一覧を確認してみる

ところで、このエレクトロポレーション機能が搭載された家庭用美顔器を選ぶ際は、どの美顔器選べば良いのでしょうか?

現在、市販されている美顔器の中には、まったく効果を実感できない低品質な美顔器もあるので注意が必要です。

そこで今回は、エレクトロポレーション機能が搭載された美顔器の中で、もっとも信頼度の高い家庭用美顔器をご紹介したいと思います。

その美顔器とは?

 

皮膚細胞にすき間を作る美顔器はこれ!

皮膚細胞に一時的な”すき間”を作り、化粧水などの浸透力を飛躍的に向上できる「エレクトロポレーション機能」が搭載されている美顔器で、もっとも信頼できるのがリベラータ【ララルーチュRF】です。

このララルーチュRFは、あの「杉本彩」さんが開発段階から携わり、監修している家庭用美顔器なので信頼度が違います。

ララルーチュRFには、エレクトロポレーション機能を応用させた「コアパルス」という機能が搭載されています。

このコアパルス機能は、イオン導入器でも浸透させられない「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」でも肌の奥まで浸透させられる嬉しい機能です。

あなたは、今までどんなに高品質なスキンケア化粧品を使用しても「効果が実感できない。。」と感じていませんか?

それは、スキンケア化粧品の有効成分のほとんどが、お肌の表面で蒸発しているだけだからなんです。。

しかも、効果を得ようと過剰なスキンケアをすると、お肌がガサガサになってしまうって知ってますか?

その理由を詳しく説明します。

 

間違った化粧水の使い方で肌がガサガサになる理由

間違った化粧水の使い方をしてしまうと完全に逆効果を招いてしまうので注意が必要です。

化粧水の効果を高めるために、こんなケアしていませんか?

  • 顔に必要以上の化粧水をつける
  • 化粧水を染み込ませたシートマスクを5分以上顔の上に放置している
  • コットンに化粧水を染み込ませて100回以上パッティングしている

このような、過剰ともいえるスキンケアをしても、ほとんどの有効成分は肌に浸透していません。

じつは、浸透している気分になるだけで、そのほとんどが蒸発してしまっているのです。

しかも、この過剰なケアは、お肌に深刻な悪影響を与えてしまう逆効果ケアなので、実践している方はすぐに中止することをお勧めします。

では、なぜ逆効果なのでしょうか?

 

過剰ケアが逆効果な理由とは?

お肌に化粧水の有効成分を浸透させようと、化粧水を過剰に使用するとお肌に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

その理由は、乾燥した唇を舐めて一時的に潤したときを想像してみてください。

乾燥した唇を舐めると、一時的に潤った感じになりますが、その後すぐに乾燥してしまいガサガサになってしまいますよね。。

乾燥した肌に大量の化粧水を使用した際にも、この現象と同じ状態が起こります。

さらに、お肌につけた化粧水が蒸発する際に、元からあった潤いも一緒に奪ってしまうので、余計に乾燥を招いてしまうのです。

ようするに、スキンケア化粧品の美容成分をしっかりとお肌に浸透させるためには、皮膚細胞に一時的に”すき間”を作るエレクトロポレーションが必要不可欠なんですね。

そのエレクトロポレーションを自宅で手軽に施せるのが、家庭用美顔器のララルーチュRFというわけです。

このララルーチュRFの詳細は、下記公式販売ページで確認できるのでチェックしてみてくださいね。

▶【ララルーチュRF】
《公式販売ページ》
 

↓こんな記事も見られてます↓

↑↑こちらをタップ↑↑
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-しわ・小じわ, たるみ・ほうれい線, スキンケア
-

Copyright© kaizen time , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.