健康

オステオカルシンを増やす方法はかかと落とし運動?ビタミンKサプリメントで血糖値を下げて糖尿病を予防

更新日:

若さの源となってくれる骨ホルモンの『オステオカルシン』を増やせるものなら増やしたいですよね。

意外かもしれませんが「オステオカルシン」は、とても簡単な運動で増やせます。

今回は、

  • オステオカルシンを増やせる簡単な運動
  • オステオカルシンを活性化する栄養素

を紹介します。

早い段階で「骨活」を始めて、年齢とともにもろくなりやすい骨を強くしていきましょう。

スポンサーリンク

オステオカルシンを増やす簡単な運動とは?

オステオカルシンを増やす方法は、骨の新陳代謝をアップさせることと、骨芽細胞(こつがさいぼう)の働きを活発化させることが大切です。

とはいえ、

「骨の代謝を高めるなんてできるの?」

と感じますよね。

じつは、簡単な骨のトレーニングで、骨の代謝を高めることができるんです。

その方法は、かかとの骨に刺激を与えることです。

刺激を与えるといっても、激しい運動などは必要ありません。

簡単な骨トレーニングだけで、充分かかとを刺激することができます。

そのトレーニング法とは?

 

かかと落とし運動でオステオカルシンを増加させる方法

骨ホルモンのオステオカルシンは、かかとに刺激を与えると増やせることがわかっています。

簡単にかかとに刺激を与えられる運動は「かかと落とし」です。

かかと落としといっても、格闘家がやるような「かかと落とし」ではないので安心してください。

オステオカルシンを増やす「かかと落とし」のやり方は次のとおりです。

 

オステオカルシンを増やす運動「かかと落とし」のやり方

  1. 背筋をピンっと伸ばしてまっすぐ立ちます。
  2. 両足のかかとを上げてつま先立ちになります。
  3. ストンっと、かかとに体重が伝わるようにかかとを落とします。
  4. 連続でなくてもOKなので、1日30回を目標に継続しましょう。

また、もう1つ効果的な運動があるのでご紹介したいと思います。

その方法は、ミニジャンプです。

ミニジャンプでオステオカルシンを増やす方法は次のとおりです。

 

オステオカルシンを増やす「ミニジャンプ」のやり方

  1. 高さ10cmほどの台に乗ります。
  2. かかとを意識しながら両足で飛び降ります。
  3. 1日30回を目標に継続する。

このミニジャンプは、かかとを落としよりも刺激が強いので高い効果を期待できます。

台がない場合、その場でジャンプするだけでも効果的。

かかと落としを2週間継続した半数の方のオステオカルシンが増加。

ミニジャンプは、1週間継続したほとんどの人のオステオカルシンが増えたというデータがあり、1週間で1.5倍になった人がいるほどなので期待できますね。

とはいえ、無理は禁物なので「かかと落とし」から徐々に慣らしていくのがおすすめです。

 

若さの素「オステオカルシン」を活性化する「骨トレ」100秒で若返り!

「オステオカルシン」を活性化して増やす「骨トレ」が詳しく解説されている書籍をチェックして、普段の生活習慣に取り入れるとより高い効果が期待できますね。

 

オステオカルシンを増やしてくれる食品は?

オステオカルシンを活性化してくれる成分が「ビタミンK」です。

このビタミンKは骨芽細胞において、コラーゲンの合成を促進してくれたり、動脈の石灰化を抑制する働きもあります。

そして、オステオカルシンの活性化に必要なビタミンKの量は、1日に500μg(マイクログラム)と言われています。

500μgは、納豆1パック、ほうれん草なら小鉢2つ分相当です。

つまり、骨の強さを維持するには「かかと落とし」や「ミニジャンプ」など、かかとに刺激を与えるとともに「ビタミンK」の摂取が大切ということなんですね。

納豆や緑黄色野菜でビタミンKを摂取して、オステオカルシンを増やして若返りを目指しましょう♪

もし、「納豆」や「緑黄色野菜」が苦手な人は、ビタミンKサプリメントで摂取しても良いですね。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-健康,
-,

Copyright© kaizen time , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.