烏龍茶の飲み過ぎデメリットは体に悪いし太る?烏龍茶ダイエットで痩せたは嘘で効果なし?

ダイエット 健康 血糖値・中性脂肪

烏龍茶の飲み過ぎデメリットは体に悪いし太る?烏龍茶ダイエットで痩せたは嘘で効果なし?

更新日:

食後に烏龍茶を飲むと口の中がスッキリするし「糖質」や「脂質」の吸収を邪魔して痩せそうだからとたくさん飲みたくなりますよね。

とはいえ、そもそも烏龍茶を飲み過ぎても大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 烏龍茶の飲み過ぎによるデメリットは体に悪いし太るって本当?
  • 烏龍茶ダイエットのデメリットなしで糖質と脂質をブロックする方法なんてあるの?

という疑問に回答したいと思います。

意外にも多い「烏龍茶」の危険性を避けられるのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

烏龍茶の飲み過ぎによるデメリットは体に悪いし太るって本当?

烏龍茶の飲み過ぎによるデメリットは体に悪いし太るって本当?

健康飲料というイメージが強い「烏龍茶」ですが、飲み過ぎると体調を崩してしまうようなデメリットが多いので注意が必要です。

まずは、

「烏龍茶を飲み過ぎると太るの?」

という疑問から解決していきましょう。

烏龍茶の成分は、

  • エネルギー ⇒ 0kcal (1000mlあたり)
  • たんぱく質 ⇒ 0g (1000mlあたり)
  • 脂質 ⇒ 0g (1000mlあたり)
  • 炭水化物 ⇒ 0g (1000mlあたり)

と、太る要素は見当たらないので、飲み過ぎただけでは直接的に太るということはありません。

ただ、間接的に太る可能性があるとしたら、烏龍茶のダイエット効果を盲信して食べ過ぎたり、冷たい烏龍茶で内蔵を冷やして基礎代謝が下がり脂肪がついてしまうことは考えられます。

しかし、烏龍茶を飲み過ぎると「太る」「太らない」ということよりも、健康を害するようなデメリットが主に6つあるので順番に見ていきましょう。

 

烏龍茶を飲み過ぎると心配される6つのデメリット

烏龍茶を飲み過ぎた場合に想定されるデメリットは、主に次の6つです。

  • 鉄欠乏性貧血を引き起こす可能性がある
  • 脱水症状を招く危険性がある
  • 腹痛や下痢になるリスク
  • 胃液が胃壁を傷つける危険性
  • 喉を痛める恐れもある
  •  睡眠障害に陥るリスク

鉄欠乏性貧血を引き起こす可能性がある

烏龍茶をたくさん飲むと貧血を引き起こす可能性が高まります。

烏龍茶には鉄の吸収を悪くする「タンニン」が多く含まれているからです。

食事中に飲むイメージが強い「烏龍茶」ですが、じつは鉄分の吸収を阻害しています。

体内に鉄が不足すると「ヘモグロビン」が上手く作られなくなるため、貧血の原因になってしまうというわけです。

貧血気味な人は、最低でも食前食後30分以内は「烏龍茶」を飲むことは控えたほうが良さそうですね。

 

脱水症状を招く危険性がある

烏龍茶を飲み過ぎると、体内の水分が不足して脱水症状を招く危険性があります。

烏龍茶に含まれてるカフェインは、体内の老廃物を体の外に排出する作用があるからです。

カフェインは適量摂取する分には「むくみ」の解消にひと役買ってくれますが、過剰に摂取すると利尿作用によって脱水症状になる可能性があります。

水分補給をするなら烏龍茶は避けて、カフェインが含まれていない「水」または「麦茶」などを選ぶようにしましょう。

 

腹痛や下痢になるリスク

烏龍茶を飲み過ぎると「腹痛」や「下痢」の症状が出ることがあるので注意が必要です。

これは水分の摂り過ぎによるものとは別に、カフェインの刺激が「軟便」や「下痢」に繋がるケースがあるからです。

カフェインは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促す作用があるので、便通を良くしたい人はメリットになりますが、お腹が弱くて下痢がちな人にはデメリットになります。

普段から「腹痛」や「下痢」の症状が出る人は、烏龍茶を飲み過ぎないことが大切です。

 

胃液が胃壁を傷つける危険性

烏龍茶を飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取になり「胃痛」を引き起こすことがあります。

これは、カフェインが胃液の分泌を促進して胃壁を傷つけてしまうからです。

烏龍茶のカフェイン量は「コーヒー」と比べると1/3ほどですが、飲む量がコーヒーよりも多くなりがちな烏龍茶はカフェインの摂取量も増えやすくなります。

烏龍茶コップ1杯に含まれるカフェインが少なくても、飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取になり「胸やけ」や「胃痛」の原因になるので注意しましょう。

 

喉を痛める恐れもある

烏龍茶を飲み過ぎると喉を痛める可能性もあります。

烏龍茶には脂分を洗い流す作用があるので、喉に程良く必要な油分まで奪い去ってしまうからです。

特に「喉」や「声帯」を大切にする「歌手」や「声優」などは、烏龍茶は飲まないというのは有名な話です。

油分がなくなった喉は乾いた状態が続き、ひどくなると痛みを感じることもあるので烏龍茶の飲み過ぎには注意してください。

 

睡眠障害に陥るリスク

烏龍茶に含まれているカフェインが、睡眠の質を低下させてしまいます。

カフェインには、安眠に欠かせないセロトニンの働きを悪くする影響があるからです。

脳を覚醒する作用が眠気覚ましによく利用されますが、良質な睡眠をとりたい人にとっては副作用となります。

また、カフェインの利尿作用も手伝って、睡眠の妨げになりやすいので、寝る前に烏龍茶をはじめカフェインを含む飲み物は控えるようにしましょう。

 

烏龍茶ダイエットのデメリットなしで糖質と脂質をブロックする方法とは?

烏龍茶ダイエットのデメリットなしで糖質と脂質をブロックする方法とは?

ここまで、烏龍茶を飲み過ぎた場合のデメリットを解説してきましたが、烏龍茶には「烏龍茶ポリフェノール」という「ダイエット」や「糖尿病予防」にとって捨てがたい成分が含まれています。

「烏龍茶ポリフェノール」は、中性脂肪の燃焼や体内エネルギーの消費を促進したり、血中コレステロールを抑える効果があると報告されているからです。

とはいえ、烏龍茶には、

  • カフェイン
  • タンニン

が原因で多くのデメリットがあるため、たくさん飲むことはもちろん常飲するとリスクが高まるのでおすすめできません。

もし「烏龍茶ポリフェノール」の効果を受けたくて烏龍茶を飲んでいるなら、「烏龍茶ポリフェノール」の66倍のチカラでポリフェノールの恩恵を受けられるサプリメントがあります。

そのサプリは『カロリスケープ』といって、脂っこい食事や甘いものが大好きな人は、食事の前に数粒飲むだけで「烏龍茶ポリフェノール」の66倍のチカラが期待できます。

烏龍茶のデメリットを避けて、脂肪の吸収や血糖値を抑えたい人にとってはとても強い味方になるサプリですね。

 

脂っこいものや甘いものを食べ過ぎてしまう人の解決策とは?

脂っこいものをついつい食べ過ぎてしまう人のもっとも簡単な解決法は

「脂っこいものを食べないように注意すること」

ですが、それができていればとっくにやっていますよね。

食べ過ぎたら健康に悪いと分かっていても、つい食べ過ぎてしまうのが脂っこいものや甘いものです。

それならば、食べ過ぎてしまっても解決できる方法を見つけるしかありませんよね?

「でも、そんな都合の良い方法なんてない。。」

というのが、今までの考え方でしたが、最近はこの都合の良い方法があるんです。

その方法は、食後に上がる「中性脂肪」や「血糖値」を抑えることができる機能性表示食品を摂取する方法です。

 

中性脂肪や血糖値を抑える機能性表示食品とは?

「脂っこいもの」や「甘いもの」をついつい食べ過ぎてしまう人にピッタリな機能性表示食品があります。

その機能性表示食品は『ターミナリアスリム』といって、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を穏やかにしてくれるサプリメントです。

その効果は、食後の中性脂肪上昇量を53%カット、食後の血糖値の上昇量を17%もカットしてくれます。

「ターミナリアスリム」には、インドをはじめとする南アジアなどの熱帯地域に原生している「ターミナリアベリリカ」由来の機能性関与成分が配合されています。

烏龍茶と比較しても、糖質の吸収を阻害するチカラは約4倍、脂質の吸収を阻害するチカラは約4.5倍もあります。

また「内臓脂肪」も減らせて「BMI」の減少も期待できるから、「脂っこいもの」や「甘いもの」を食べすぎてしまう人には必需品になりそうですね。

 

 

まとめ

自分で食べるメニューを決めると、脂っこいものや高カロリーな食品など、好きなものばかりを選択してしまいがちです。

しかも、飲み会ともなると、脂っこいもののオンパレード...

そんな日常が続くと、中性脂肪が蓄積していき、様々な健康リスクが高まってしまうので少しでもリスクを低くする工夫が大切です。

何も対策をとらずに「そのうち、何かしようかな。。」と、考えているうちにもリスクはどんどん高まっていきます。

でも、時間を作って運動をしたりするのはなかなかハードルが高いので、まずは毎日数粒のサプリメントから始めるのが手軽で簡単ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ダイエット, 健康, 血糖値・中性脂肪
-,

Copyright© kaizen time , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.