車を売るならどこがいいのか?という疑問にズバリ答えます!

生活・ライフハック 車・カーライフ

車を売るならどこがいい?査定額が2倍以上に跳ね上がることも!

更新日:

愛車を売りたいけど、どこで売れば最高額で買い取ってくれるのかと悩んでいる方にズバリ!解答します。

私も愛車を売ろうと考えた時に、車買取業者がたくさんありすぎて、さんざん悩んで選択した業者で失敗した経験があります。

誰もが知っている有名な車買取店であれば間違いないと考えて売却しましたが、じつはこれが大きな間違いでした。。

そもそも、有名な会社は宣伝広告費をかけているから有名なわけですよね。。

でも、その広告費は「どこから出ているのか?」を考えると、簡単に理解できると思います。

この失敗を活かして、最近利用した車売却システムが、メリットしかないと感じたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

車を売るならどこがいい?相場よりも大幅に高い金額で売る方法とは?

愛車を高く売りたいと考えても、今までと同じような売却法では、今までと同じような金額にしかなりません。

なぜならば、一般的な車買取業者は、関わっている業者が多いため中間マージンが多く発生してしまうからです。

ようするに、この中間マージンがかからないようなシステムで車を売却することが大切ということです。

しかし、どうすれば無駄な中間マージンがかからないように売ることができるか分かりませんよね?

じつは、この無駄な中間マージンがかからず、相場価格よりも大幅に高い価格で売る方法があるんです。

その方法とは?

 

愛車を最高額で売る方法!

私が見つけた最高額で車を売る方法は、最大5000社の買取店が買取価格を競い合うシステムに出品できる【UcarPAC(ユーカーパック)】を利用する方法です。

このユーカーパックは、車一括査定サイトのように、たくさんの業者から大量の営業電話がかかってきたり、何度も査定してもらわないといけない状態にもなりません。

たったの1回査定してもらうだけで、あとは最大5000社の買取店が買取価格競争してくれるので、必然的に最高額で愛車を売ることができます。

詳しくは、

『UcarPAC(ユーカーパック)』公式サイト

で、メリットしかないシステムが分かりやすく説明されているのでチェックしてみてください。

 

「車下取り」と「車買取」のメリット・デメリットとは?

車下取りと車買取のメリットとデメリットを比較してみた結果とは?

愛車を売る方法は、一般的に「車下取り」と「車買取」があります。

それぞれのメリットとデメリットを把握していれば、売却後に後悔しなくて済むのでチェックしておきましょう。

まずは、新たに車を購入する販売店に愛車を売り、購入代金の一部に充てる「車下取り」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

「車下取り」のメリット・デメリットはこれ!

「車下取り」のメリット

車下取りのメリットは、車を購入する流れと同時に車を売却できるので、面倒な手続きがセットで行えることです。

つまり、余計な手間や時間をかけることなく車を売却できます。

また、新しい車が納車されるまで、下取り車に乗っていられるので、不便な思いをすることがないのもメリットと言えるでしょう。

毎日のように車を使用する人にとっては、車がない期間がないのはありがたいですね。

 

「車下取り」のデメリット

車下取りは簡単で楽なのですが、車買取と比較すると売却価格が低い場合がほとんどです。

販売店からしてみれば、比較対象や競う相手がいない状態で買取金額を決めることができるので、買取相場価格よりも安い値段で買取るのが一般的です。

また、下取り価格を徐々に上げていって、新しい車の販売交渉のネタに使われることも多いので注意が必要です。

車買取専門店と比較すると、10万円以上の価格差になる可能性が高いので、「とにかく愛車を高い金額で売却したい!」という方には向いていない方法といえます。

 

「車買取」のメリット・デメリットとは?

「車買取」のメリット

車買取は、中古車買取の専門業者のため、ディーラーなどの車販売店よりも比較的高額で車を買取ってくれる傾向があります。

その査定額は、ディーラーの下取り価格と比較すると、平均15万円ほどの差があります。

しかも、車一括査定サイトなどを上手に利用すると、下取り価格よりも50万円以上高く売れたという例もあるほどです。

無料愛車一括査定サイトは、楽天市場が運営する『楽天カーサービス』『ズバット車買取比較』が有名ですね。

 

「車買取」のデメリット

ディーラーなどの車販売店の下取りよりも高額で買い取ってくれる「車買取」ですがデメリットもあります。

車買取は複数の買取業者の査定額を比較して、買取相場価格をリアルタイムで把握することができます。

しかし、査定額を比較するだけに、複数の買取業者からの電話や出張査定の対応に追われるので大変です。

また、出張査定ならまだしも、買取業者の店舗に出向いて査定してもらうとなると、かなりの時間と労力を奪われてしまいます。

とはいえ、最高額で愛車を売りたいと考えると、多少の手間や労力は仕方ないかもしれません。

もしも、このような車買取のデメリットを回避したいという方は、個人情報を買取業者に伝えないうえに、出張査定も1回きりの『ユーカーパック』がおすすめです。

 

愛車を買取店に売却するときの流れを解説!

車を売却するときの流れを見ていきましょう!

いざ愛車を売却しようと考えると、売却完了するまでの流れが気になるものです。

そこで、愛車を売却する際に、車一括査定サイトを利用した時の流れを解説したいと思います。

まず始めに、「車一括査定サイトは利用料がかかるの?」という疑問にお答えします。

 

車一括査定サイトはお金がかかるの?

最近は、とても多くの車一括査定サイトがありますが、どの一括査定サイトも基本的には無料で利用することができます。

手数料を取られるところもあるようですが、買取金額から差し引かれるので、お金を支払うことはほとんどの場合ありません。

しかし、売却する車の車検が切れていると、公道を自走することができないので、輸送費用が必要になることがあります。

 

車一括査定サイトに申込むと大量の電話がくるって本当?

車一括査定サイトを利用すると、申込んだ瞬間に大量の営業電話が来るといいますが本当なのでしょうか?

じつは、これが車一括査定サイトを利用した時のメリットでもあり、デメリットでもあるポイントなんです。

車一括査定サイトに個人情報を登録して申込んだ瞬間に、住んでいる地域にもよりますが複数の買取業者から連絡がきます。

この時に、複数の業者の概算買取価格を聞くことで、愛車の買取相場価格をリアルタイムで比較できるということです。

1円でも高く愛車を売却したいと考えると、とてもありがたいことなのですが、想像以上に連絡がくるので多少覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

 

車買取査定の時に用意する書類は?

車買取査定をしてもらう時に必要な書類は、「車検証」と「自賠責保険証明書」です。

この2点は、基本的に車に置いてあるはずですが、査定前に念のため確認しておきましょう。

また、売却することが決まったときには、

  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書

が必要になります。

 

車査定にかかる時間はどれくらい?

車一括査定サイトを利用すると、時間帯にもよりますが、申込み後すぐに複数の買取業者から電話やメールで連絡がきます。

その際に、概算ではありますが、おおよその買取金額を教えてくれます。

その後、査定してもらいたい業者に査定依頼をして、出張または直接店舗に出向いて査定をしてもらいます。

実際にに査定してもらう時間は、10分~20分程度で、この時に最終的な買取金額を提示されることになります。

 

愛車を高く売るための交渉術とは?

愛車を高く売るコツは、他の車買取店と査定額を比較していることを伝えることです。

すでに他の買取店の買取見積書がある場合は、その見積書を提示すると価格交渉を有利に運ぶことができます。

また、実際に査定したにもかかわらず、口頭で買取金額を言うだけで、見積書を作成してくれない買取業者もいます。

このような買取業者は、最終段階で口頭提示していた金額を変更する可能性があるので、取引しないようにしましょう。

 

事故歴は正直に伝えましょう

もし、売却する愛車の事故歴の有無を聞かれたら、正直に伝えましょう。

事故歴があった場合、たとえキレイに修理してあったとしても、プロが見るとすぐに分かってしまいます。

事故歴を隠そうとすると、信頼関係が崩れるだけでなく、査定額にも響きかねません。

事故歴を誤魔化そうとしても、けっしてプラスに働くことはないので、事故歴は正直に話すことが大切です。

 

故障している部分も正直に伝える

事故歴と同様に、故障している機能がある場合にも、正直に伝えることが大切です。

契約内容にもよりますが、あとから故障箇所が発覚すると、ほとんどの場合大幅に減額されてしまいます。

あとから発覚すると、買取業者に買取金額を大幅減額するチャンスを与えてしまうことになるので注意が必要です。

 

ローンが終わってない愛車でも売れるの?

ローン返済中は、車を売却できないと思っていませんか?

じつは、ローンの支払いが終わっていない車でも、車検証の所有者名義が売却人と同一人物であれば車を売却できます。

とはいえ、返済途中のローンがあると、次の車のローン審査は通りづらいかもしれないので注意が必要です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-生活・ライフハック, 車・カーライフ
-

Copyright© kaizen time , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.