まごころケア食を食べてみた感想・実食レポ!献立メニューを随時更新して紹介

健康食 生活・ライフハック 食品・レシピ

まごころケア食を食べてみた感想・実食レポ!献立メニューを随時更新して紹介

更新日:

東証一部上場企業の「シルバーライフ」が運営している宅配食サービス【まごころケア食】は、

  • 健康バランス
  • カロリー調整食
  • 糖質制限食
  • 塩分制限食
  • たんぱく調整食

の5種類から自分にあった冷凍弁当を宅配してくれるサービスです。

現在、私は腎臓病の保存期で食事療法をしているため、まごころケア食の「たんぱく調整食」を注文しているので、その献立メニューを食べるたびに実食レポしていきたいと思います。

まごころケア食の「たんぱく調整食」は、

  • たんぱく質
  • 塩分
  • カリウム
  • リン

などが制限されているのに、しっかりとエネルギーを摂取できるように調整されているため、まさに腎臓病の食事療法にピッタリです。

一人暮らしでも、面倒で手間がかかる食事療法の献立メニューをレンジで加熱するだけで用意できるのは嬉しいですね。

また、家族とは別の調理をして、食事を用意してくれる方の負担を軽くできるのも嬉しいポイントです。

初めて、『まごころケア食』の「たんぱく調整食」を食べる前は、「味が薄くて美味しくないんだろうな…」と思っていましたが、想像以上に美味しかったのでおすすめです。

まごころケア食の「たんぱく調整食」は、本当にメリットしかないので、この実食レポを参考にして、ぜひ試してみてくださいね。

まごころケア食を食べてみた感想・実食レポ!献立メニューを随時更新

それでは早速、まごころケア食の「たんぱく調整食」の献立メニューを実際に食べてみた感想を実食レポしていきたいと思います。

食べるたびに、随時更新していきますので、ぜひ参考にしてください。

豚ちり鍋風弁当《たんぱく&塩分調整》

まごころケア食の「たんぱく調整食」豚ちり鍋風弁当《たんぱく&塩分調整》の画像

豚ちり鍋風弁当《たんぱく&塩分調整》内容量185g​
主菜豚ちり鍋風副菜大根和風麻婆・さつま芋サラダ・春巻き
【栄養成分表示(185g)当たりの推定値】
エネルギー322kcalたんぱく質9.7g
脂質19.4g炭水化物26.4g
糖質24.4g食物繊維2.0g
食塩相当量1.5gカリウム412.3mg
リン112.6mg

豚ちり鍋風弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

豚ちり鍋風弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

主菜の「豚ちり鍋風」は、豚キムチ炒めのような味わいで、辛いのが好きな私には辛味が足りなかったので、七味唐辛子をかけて食べました。

さらに、腎臓病の食事療法で比較的使用してもいいと言われている調味料「マヨネーズ」をエネルギーアップと旨みアップを狙ってかけたらとても美味しかったです。

副菜の「大根和風麻婆」は、薄味に慣れている私には、しょっぱく感じるほど、味付けが濃かったので、この味を利用してご飯を美味しく食べ進められました。

「さつま芋サラダ」は、甘いサツマイモにマヨネーズと酢の酸味が、ほどよく合わさっていて美味しかったです。

「春巻き」は、春巻きが大好きな私でも満足できる味で「腎臓病食なのに、これが食べられるんだ…」と、嬉しくなるほど。

たぶん、揚げたてだったら、相当美味しい一品だと思います。

初めて、まごころケア食の「たんぱく調整食」を食べてみましたが、想像以上に美味しくて驚きました。

食事療法が始まった時は、「いったい何を食べればいいんだぁー!」と、自暴自棄にもなりましたが、このレベルのものが食べられるのであれば容易に続けられそうです。

>>【まごころケア食】公式サイト<<

 

えびす南瓜(かぼちゃ)コロッケ弁当《たんぱく&塩分調整》

えびす南瓜(かぼちゃ)コロッケ弁当《たんぱく&塩分調整》

えびす南瓜コロッケ弁当《たんぱく&塩分調整》内容量180g​
主菜えびす南瓜コロッケ副菜白菜とミンチの中華炒め・小松菜の玉子とじ・しっとり卯の花・枝豆
【栄養成分表示(180g)当たりの推定値】
エネルギー331kcalたんぱく質8.4g
脂質21.7g炭水化物26.0g
糖質20.6g食物繊維5.4g
食塩相当量1.8gカリウム434.3mg
リン111.4mg

えびす南瓜(かぼちゃ)コロッケ弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

まごころケア食のえびす南瓜(かぼちゃ)コロッケ弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

主菜の「えびす南瓜コロッケ」は、かぼちゃの甘味をすごく感じて美味しかったです。

コロッケは、中身が湯がいて潰した野菜なので、カリウムが抜けてるうえに、揚げ物だからエネルギーは摂取できる腎臓病食にピッタリなメニューですよね。

冷凍食品だから、もっと水っぽくなってしまっているのかと思ったら、少しサクサクする感じがあったのは、良い意味で想定外でした。

副菜の「白菜とミンチの中華炒め」は、白菜やニンジンを噛むとシャキシャキと音がするほどシャキシャキ感がありました。

冷凍弁当だから、もっとフニャフニャな野菜だと思っていたので、これまた嬉しいポイント♪

腎臓病食にしては塩味を感じる一品なので、上手に利用すると全体の薄味をカバーできますよ。

「小松菜の玉子とじ」は、小松菜の味と風味が感じられてとても美味しかった。

人によっては、水っぽいと感じるかもしれませんが、私はパサパサしているよりは美味しいと思います。

「しっとり卯の花」は、卯の花好きな私でも不満なく食べられる一品です。

「枝豆」も、フニャフニャで歯ごたえを感じないものを想像していましたが、硬くもなく柔らかくもない絶妙な茹で加減で美味しくいただけました。

薄味に慣れていると、コンビニ弁当などは、めちゃめちゃしょっぱくて、味覚的にも精神的にも美味しく食べられないんですよね..

それに比べて「まごころケア食」の《たんぱく&塩分調整食》は、味も心も安心して食べられるので、とても美味しくいただけるのでおすすめです。

>>【まごころケア食】公式サイト<<

 

赤魚の塩麹焼き弁当《たんぱく質&塩分調整》

まごころケア食の「赤魚の塩麹焼き弁当」

赤魚の塩麹焼き弁当《たんぱく&塩分調整》内容量180g​
主菜赤魚の塩麹焼き副菜ナスのトマトソース・さつま芋サラダ・甘酢蓮根・うずら豆
【栄養成分表示(180g)当たりの推定値】
エネルギー304kcalたんぱく質10.0g
脂質13.5g炭水化物34.0g
糖質32.2g食物繊維1.8g
食塩相当量1.0gカリウム263.9mg
リン117.8mg

赤魚の塩麹焼き弁当《たんぱく質&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

まごころケア食の赤魚の塩麹焼き弁当を食べてみた感想・実食レポ

まごころケア食を食べ始めて、初の魚料理だったので、「生臭くないのかな?」と疑いながら食べてみたら、とても美味しくて驚きました。

塩麹焼きといっても、冷凍食品なので、皮はサクサクというわけではありませんが、身はホクホクでした。

多少、水っぽさはありますが、その水分と塩麹が合わさって、タレのようになるのでご飯がすすみます。

ナスのトマトソースも、薄味で物足りないと感じさせない味付けで満足です。

さつま芋サラダは早くも2回目の登場ですが、スッキリした味付けの中に、さつま芋の甘さが引き立つ感じが好き。

甘酢蓮根は、おせち料理を思い出すような味付けですね。

うずら豆は、ほんのり甘くて、和菓子の白あんのようで美味しかったです。

腎臓病食で薄味に慣れていると、コンビニなどの弁当は塩辛くて美味しく食べられないのですが、まごころケア食のお弁当は、濃くもなく薄くもなく絶妙な塩加減なので、毎回ストレスなく食事を楽しめるのが嬉しいです♪

>>【まごころケア食】公式サイト<<

 

鶏団子のチーズクリームソース弁当《たんぱく&塩分調整》

まごころケア食の鶏団子のチーズクリームソース弁当《たんぱく&塩分調整》

鶏団子のチーズクリームソース弁当《たんぱく&塩分調整》内容量180g​
主菜鶏団子のチーズクリームソース副菜チンゲン菜と筍の炒めもの・インゲンソテー・コールスローサラダ
【栄養成分表示(180g)当たりの推定値】
エネルギー315kcalたんぱく質10.0g
脂質22.8g炭水化物17.1g
糖質13.9g食物繊維3.3g
食塩相当量1.4gカリウム461.4mg
リン130.4mg

鶏団子のチーズクリームソース弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

まごころケア食の鶏団子のチーズクリームソース弁当を食べてみた感想

まずは、主菜の鶏団子のチーズクリームソースですが、チーズクリームソースというよりも、チーズクリームシチューに近い感じです。

鶏団子は、ホクホクで、一般的な鶏団子と遜色ない美味しさでした。

チンゲン菜と筍の炒めものは、腎臓病食にしては、味付が濃い目なので、ご飯に合います。

インゲンソテーは、水っぽくて青臭い感じで、私の口には合いませんでした。

元々、インゲンは好きなので、なんとか美味しく改良してほしいところです。

コールスローサラダは、味は控えめですが、コショウが強めに効いているので、食事のアクセントになりますね。

今回は、残念ながらインゲンソテーが、水っぽくて青臭く、美味しくありませんでした。

まごころケア食で初めて美味しくない1品でしたが、今までの16品のうち1品の確率なので、まだ想定内といったところです。

残りのお弁当10個で、どれぐらいハズレがあるのかを引き続きレポートしていきたいと思います。

 

アジしそフライ弁当《たんぱく&塩分調整》

まごころケア食のアジしそフライ弁当の袋を開ける前の画像

アジしそフライ弁当《たんぱく&塩分調整》内容量180g​
主菜アジしそフライ副菜カレー風味ソテー・タマゴサラダ・ピーマンとナスの炒め物
【栄養成分表示(180g)当たりの推定値】
エネルギー305kcalたんぱく質8.7g
脂質19.6g炭水化物23.3g
糖質21.8g食物繊維1.6g
食塩相当量1.6gカリウム315.3mg
リン97.2mg

アジしそフライ弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

まごころケア食のアジしそフライ弁当をレンジで加熱した後、袋から取り出した際の画像

冷凍宅配弁当を食べる前の私の勝手な印象では、「魚は生臭かったりしてマズイんじゃないかな...」でした。

でも、この前食べた「赤魚の塩麹焼き」が美味しかったので、今回は少し期待して「アジしそフライ」を食べてみました。

そんなハードルが少し上がった状態でも、アジしそフライは期待を裏切らず美味しかったです。

ソースを少し垂らしたいところでしたが、塩分は控えなければならないので、そのまま食べましたが、アジの風味がよく分かって逆に良かったかも。

カレー風味ソテーは、ほんのりカレー味で汁っけがある一品なので、口の中を潤したいタイミングで食べると、汁物の代わりになりました。

タマゴサラダは、絶妙な薄味で美味しかったのですが、エネルギーアップも兼ねて、マヨネーズをかけて美味しく頂きました。

マヨネーズは、塩分も控えめなので、腎臓病食のエネルギーアップ調味料として重宝してます。

ピーマンとナスの炒め物は、量が少ないのが残念なほどとても美味しくて、一番ご飯がすすみました。

アジしそフライに添えられている小松菜もアクセントになって、最後まで飽きずに完食!

正直、冷凍宅配弁当の魚料理が、こんなに美味しいとは思っていませんでしたが、今後は魚料理が入ったお弁当も肉料理と同じぐらい楽しみになりました。

 

メバルのムニエル オニオンソース弁当《たんぱく&塩分調整》

まごころケア食のメバルのムニエルオニオンソース弁当

メバルのムニエル オニオンソース弁当《たんぱく&塩分調整》内容量180g
主菜メバルのムニエル オニオンソース副菜ナスのトマトソース・さつま芋サラダ・小松菜・インゲン
【栄養成分表示(180g)当たりの推定値】
エネルギー300kcalたんぱく質9.9g
脂質15.5g炭水化物20.2g
糖質19.0g食物繊維1.1g
食塩相当量1.3gカリウム388.4mg
リン96.5mg

メバルのムニエル オニオンソース弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

まごころケア食のメバルのムニエルオニオンソース弁当をレンジで加熱した直後の画像

今回も主菜がお魚料理「メバルのムニエル オニオンソース」です。

今までは、冷凍庫から出してすぐにレンジで加熱していたのですが、今更ながら、これを思い出しました。

まごころケア食の冷凍宅配弁当を美味しく仕上げる方法

お弁当を食べる前日に、冷凍室から冷蔵室に移して「低温解凍」しておくと、ふっくらやわらかく仕上がるという温め方のポイント。

「本当かな...」と半信半疑で試してみると、本当にふっくらやわらかくなってビックリ!と同時に、最初からやっておけば良かったと後悔..。

特にメバルは、柔らかい中に歯ごたえを感じるふっくらさで、とても美味しかったです。

でも、小さめなので、大切に少しずつ味わって食べました。

ナスのトマトソースは、ひき肉も入っていて、ご飯にとても合う一品。

毎回、このコーナーに入っている料理は、比較的味つけが濃い目で水分があるので、ご飯がすすむのでありがたい。

さつま芋サラダは、まごころケア食を食べ始めてから、初めて2回目の料理でした。

ほんのり甘いけど、さっぱりした後味で、私は好きなので、重複も気になりませんでした。

小松菜は、箸休め的な存在で、口の中を切り替えたいタイミングで食べると、お新香の代わりになって良いですね。

今回は、初めて「低温解凍」してから加熱して食べましたが、本当に仕上がりが変わるので、今後は前日に冷蔵室に移しておくのを忘れないようにしたいと思います。

>>【まごころケア食】公式サイト<<

 

白身魚のみぞれ煮弁当《たんぱく&塩分調整》

まごころケア食の白身魚のみぞれ煮弁当

白身魚のみぞれ煮弁当《たんぱく&塩分調整》内容量190g
主菜白身魚のみぞれ煮副菜白菜炒め・コールスローサラダ・うぐいす豆
【栄養成分表示(190g)当たりの推定値】
エネルギー311kcalたんぱく質8.7g
脂質13.5g炭水化物38.5g
糖質34.1g食物繊維4.4g
食塩相当量1.4gカリウム438.1mg
リン143.6mg

白身魚のみぞれ煮弁当《たんぱく&塩分調整》を食べてみた感想・実食レポ!

冷凍庫に収納したお弁当を上から順番にとっていくと、またまた魚料理で「白身魚のみぞれ煮弁当」。

でも、まごころケア食のお魚料理は、とても美味しいので、お魚が連続しても嬉しい感じ♪

白身魚はタラで、少し弾力のあるふっくらした歯ごたえで美味しかったです。

コンビニ弁当の魚料理は、今まで美味しいと感じたことがないので、魚料理は、冷凍したお弁当の方が美味しいのかな?と思うほど、まごころケア食の魚料理は美味しいです。

続いて、白菜炒めは、薄味の中にウインナーの塩味をほどよく感じる一品。

水っぽくはありますが、その水分が口の中を潤してくれるので、私は毎回このコーナーの水気があるところが気に入ってます。

コールスローサラダは、少し苦味があって、私は美味しいと感じなかったので、次入ってた時は嬉しくないかも...。

うぐいす豆は、甘くて和菓子を食べているような感じなので、最後にデザート感覚で食べました。

今回は、コールスローサラダが苦くて残念でしたが、タラが美味しかったので80点♪

また、食べたら食レポしますね♪

>>【まごころケア食】公式サイト<<

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-健康食, 生活・ライフハック, 食品・レシピ
-

Copyright© kaizen time , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.