健康診断の血液検査で血糖値の数値が高かったならこの対処法を試してみてください。とても簡単に手軽に取り入れる事ができる方法なので是非参考にしてみてくださいね。

健康 血糖値・中性脂肪

健康診断の血液検査で血糖値の数値が高かった時に自宅でできる簡単な対処法とは?

更新日:

定期的に受ける健康診断の血液検査で、血糖値が高いと診断されるととても不安になりますよね。

血糖値は、血液中の「ブドウ糖」の濃度のことで、数値が高いと糖尿病のリスクが高まります。

また、糖尿病になってしまうと、血糖値が高い状態が続いてしまい、

  • 血管を傷つける
  • 血液をドロドロにする

など、時間をかけて血管をボロボロにしていってしまうのです。

そして、血管がボロボロな状態になってしまうと、

  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 糖尿病神経障害

など、糖尿病の三大合併症のほか、直接命に関わるような

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞

を引き起こしてしまうリスクも高まってしまうのです。

そんなリスクの高い状態から抜け出すには、食事や運動によって血糖値をコントロールすることが大切です。

そこで今回は、健康診断で血糖値の数値が高かったという人にピッタリな”血糖値のコントロール法”をご紹介したいと思います。

とても簡単な方法ですが、継続することで大きな差となりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

健康診断の血液検査で血糖値が高かった時の対処法とは?

定期的な健康診断の血液検査で、血糖値の数値が正常な基準値よりも遥かに上回るような数値の場合は再検査を受ける必要があります。

しかし、健康診断の結果が再検査を必要としない軽いものであれば、血糖値は自宅でコントロールできます。

もちろん、いつもの食事メニューに気を付ける必要がありますが、この食事療法を簡単にサポートする方法があります。

その方法は、最近良く耳にする「機能性表示食品」を上手に利用する方法です。

とても手軽に取り入れられる機能性表示食品の中には、摂取した中性脂肪や血糖値を抑えられるカプセルタイプのものがあります。

 

中性脂肪や血糖値を抑えるカプセルタイプの機能性表示食品はコレ!

機能性表示食品アラプラス糖ダウン

現在、市販されているカプセルタイプの機能性表示食品のなかでは、アラプラス『糖ダウン』が有名で人気があります。

このアラプラス『糖ダウン』は、糖を燃焼させてエネルギーに変えて、食後血糖値の上昇を抑える機能が1つになっているので、とても心強い味方になってくれます。

しかも、1日1回1カプセルを飲むだけなので、いつでもどこでも欠かさずに飲むことができます。

機能性表示食品は、継続的に摂取することで、その効果を最大限に得られるものなので、どこでも飲めるカプセルタイプなのは嬉しいポイントですね。

アラプラス『糖ダウン』はこんな人におすすめ

  • 糖の多い食事を摂りがち
  • 脂肪の多い食事を摂りがち
  • 食後に上がる血糖値が気になる
  • つい食べ過ぎてしまう
  • 栄養が偏っている
  • 外食が多い

血糖値の上昇を抑える機能があるアラプラス『糖ダウン』の詳細は、下記ボタンの公式サイトで確認することができます。

 

まとめ

脂肪や糖が多い食べ物が好きだったり、外食が多く栄養が偏っている方は、健康診断で血糖値の数値が高くなってしまわないように対策をする必要がありますね。

また、血糖値の正常な基準値を少し上回っている糖尿病予備軍の方や、生活習慣が原因の「2型糖尿病」は完治することが可能です。

なので、薬物療法が必要なレベルになる前に、「食事療法」や「運動療法」をしっかりと取り入れて、いつまでも健康的な日常を送れるようにしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-健康, 血糖値・中性脂肪
-

Copyright© kaizen time , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.